豪雪地方では大人気の職業、除雪作業のしごととは


どのような仕事

除雪作業を行う上で、除雪機械を使って除雪作業を行う人は除雪機械オペレーター、もしくは除雪重機オペレーターといいます。特に降雪量が多い地域での求人があり、重機を使用して道路を中心に除雪していきます。また、融雪剤の配布を行うこともあります。雪の状況により、出勤状況は異なり、土木会社や建設会社が引き受けることが多いようです。日夜作業を行うこともあり、住民の安全を確保していきます。通常は土木作業や工事現場で重機を使用している人が、必要に応じて除雪機械オペレーターを行うということが多いようです。

除雪機械オペレーターになるためには、土木会社や建設会社など、工事を受け持つ会社に勤務するのが一般的です。雪の状況によって仕事内容が異なります。仕事が不安定で安定せず工事で使用する大型特殊免許などが必要になるため、雪のない時は、通常の重機オペレーターとして働くことが多いようです。また、休みであっても雪の状況に応じて、急に出勤を行うというときもあります。豪雪地帯の人には欠かせない重要な仕事です。

多くの除雪作業員は、通常の重機オペレーターとしても仕事を行っています。日給はだいたい1万2千円前後で、月給は35万円前後が相場となります。雪の季節だけ、人手が足りずに除雪作業員を募集するというところも有るようです。しかしながら、扱う重機の種類や、年齢等によっても所得は異なります。また、勤続年数等でも給与が異なってきます。

申込の仕方

除雪作業で使用される車は、通常運転免許では運転することはでききないものが多いようです。大型免許や大型特殊免許を取得することや、経験年数によって運転の可否が決まります。また除雪講習終了が条件で、各地で講習が行われています。

Read more »

どのような仕事

機械や重機を使用して除雪作業を行う人を、除雪機械オペレーターといいます。出勤状況等は、雪の状態によって異なるため通常は、工事関連で働き重機オペレーターとして仕事を行っています。

Read more »

除雪のプロ

除雪作業員は、重機を扱って除雪作業を行っていきます。二人でペアになり、一人が運転、一人が周りの確認を行うことが多いようです。また、豪雪地帯では欠かすことのできない仕事として感謝されています。

Read more »